無題ドキュメント
 

ご案内

山ぶどうかごやくるみかごのお手入れやご注意~ご購入された方、またはご検討中の方へ

最初に確認していただきたいこと


   ■「とげ」などの尖った部分などが無いか確認をお願いします。(持ち手や側面)
    内側も中に入れる物が傷つく場合がありますのでご注意下さい。
   ■当店でも出荷時に確認しておりますが、漏れ等がある場合がありますので
    けがや衣服を傷める等の予防の観点からもチェックをお願いします。

気になる部分が見つかった場合


   ■尖った部分などはは爪切りやニッパーなどで切除するか、
    目の細かいサンドペーパーを掛けてください。
    (サンドペーパーは面に対してではなくピンポイントに使用してください)
   ※ こうした作業は必要最低限にとどめ、くれぐれもサンドペーパーの掛けすぎや
     蔓を切りすぎる事の無いようご注意ください。
     風合いや艶が失われたり、皮が切れてしまう場合があります。

ブラシがけについて


   ■山ぶどうはブラシがけをする手入れ方法がよく知られているようですが、
    当店の商品は職人さんが入念にブラシ済みです。
    当店ではお客様ご自身でのブラシがけをおすすめしません。
    黒く艶が出る部分がそぎ落とされてしまう場合があるためです。この点十分ご留意下さい。

お手入れやご注意


   ■普段のご使用に関して
    基本的には手でなでて色艶を出していきます。
    油脂類やブラシはムラの原因となりやすく、避けるのが賢明です。
    過度の乾燥に弱く、車内や窓際等直射日光に長時間晒すことがないようご注意ください。
    汚れた場合は良く絞った布等で拭いてください。
    (アルコールを含んだウエットティッシュ等はお控えください。)
    また、雨などで極端に濡れる事がないようにご注意ください。
    万一濡れたときは時はすぐに良く拭いてから風通しの良い場所で乾燥させてください。
    ※山ぶどうは水濡れにはお気をつけ下さい。(割れ、裂けなどが発生する場合があります)
    基本的には水に弱いということはないのですが、以前1例だけ割れが発生したことがあります。
    (今は取り扱っていない方の作品でしたが)

   ■持ち手があるものは持ち手に巻き付けてある部分が緩むことがあります。
    また、ご使用状況や保管状況によっては型くずれする事があります。
    持ち手は軽く霧吹きをかけるとまたピシッと締まる場合がありますのでお試しください。
    (くるみのみ)
    山ぶどうは修理対応となります。(使っているうちに緩んでくることは希です)
    ご使用や保管時は極度に重い物を入れたままにしたり、上に物を載せたりすると
    型くずれの原因となります。
    型くずれした場合は新聞紙などを丸めてギュッと詰めて、本等ではさむなどして
    整形してください。

   ■カビについて・・・これまでカビの発生を確認したのは乾燥が不充分で
    入荷したくるみ1例だけでした。
    湿気の多いところでのご使用や保管によってカビが発生する場合があります。
    湿度の高い状態でのご使用の場合は定期的に風通しの良い場所などで陰干ししてください。
    (雨や雪の日にご使用の場合も同様です)
    万一カビが発生した場合はブラシ等で取り除いてから乾燥させてください。
    (くれぐれもドライヤー等での乾燥はお避けください)

最後に


    元々丈夫で何十年も使い、艶や風合いを楽しむ山ぶどうやくるみかごですので
    あまり心配する必要はありませんが(遠慮せずにどんどん使ってください)、
    より長く、より気持ちよくお使いいただくために、上記の注意等をご留意ください。


 ※上記はご購入いただいた商品にもA4用紙2枚に印刷して同梱しているものの一部です

よくあるご質問 Q&A


お電話でのお問い合わせはこちら

店長挨拶

こんにちは!店長の田中です。
私がお電話やメールに対応いたします。
遠慮せずどんどんお問い合わせ下さい♪
実際に手に取る機会が少なく、高価な商品なので当店はとてもお電話やメールによるお問い合わせが多いのです。
初めての方は、まずはご相談下さい。
店長日記では山ぶどうかごなどの入荷情報のみお伝えします。
店長日記(入荷専用)はこちら>>>

広告

営業日のご案内
  • 今日
  • 定休日
  • 臨時休業

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。
山ぶどうかごバッグやくるみカゴバッグが入荷したらお知らせします。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ